CAREERSHEET

看護師の
職務経歴書の
書き方

職務経歴書は、転職活動のときに履歴書と合わせて提出します。職務経歴書では、履歴書以上に詳しく看護師としてスキルや経験などを客観的に記載し、実務能力や強みなどをアピールします。また、業務内容を詳しく書くことで、記載内容の信憑性もわかります。しかし、職務経歴書は新卒の就職活動では作成しませんので、初めての転職する場合は書き方に戸惑うこともあるでしょう。
ここでは、看護師の職務経歴書の書き方についてご紹介します。

看護師が職務経歴書を提出する目的

職務経歴書を提出する目的は何なのでしょうか?履歴書にも経歴や資格、自己PRを記入する欄はありますが、その人が仕事で経験した具体的な業務内容や獲得したスキル、実績などを伝えるにはスペースが足りません。そこで、職務経歴書を利用し、詳しく説明する必要があるのです。
転職の場合は経験者の中途採用ですから、病院や施設は基本的に即戦力を求めています。採用することでどれだけの効果が得られるのかを判断するために、応募者の実務経験や看護スキルを詳しく知る必要があるのです。
また、応募者自身にとっても、職務経歴書を作成することは看護師としてのキャリアを振り返り、自分のアピールポイントを再発見することにもつながります。

職務経歴書の基本フォーマット

職務経歴書のフォーマットは、履歴書とは異なり自由です。しかし、わかりやすくまとめるためにも、次のようなポイントを踏まえて記入するようにしましょう。

・A4サイズ1~2枚でまとめる
・行頭と行末はそろえる
・見出しをつけて、できるだけ箇条書きでまとめる

また、職務経歴書全体のまとめ方としては、職務経歴を時系列的にまとめる「編年体式」と、業務や職種ごとにまとめる「キャリア式」があります。一般的には編年体式を使用しますが、経歴やアピールしたい内容が豊富にあればキャリア式がおすすめです。また、応募先が前職の内容に近い場合は、「逆時系列」という方法もあります。
「手書き」か「パソコン」のどちらで作成したほうがいいかというルールはありません。しかし、履歴書と異なりテキスト量も多いので、パソコンで作成するほうが見やすいという利点はあります。

看護師の職務経歴書記入のポイント

ここからは、職務経歴書の項目それぞれどんなポイントを押さえて書くべきかをご紹介します。具体的な業務内容や現場での経験はもちろん、保有している資格についても、正式に記入することが大切です。

職務経歴書の見本と書き方のポイント

経歴の概略

経歴を簡潔にまとめます。「勤務先名」「勤務期間」「雇用形態」「職種」「病床数」「職員数」などを箇条書きでまとめていきます。病床数や職員数は、どのくらいの規模の病院で勤務したのかを知ってもらうために必要となります。

職務経歴書の見本と書き方のポイント

業務内容

業務内容の項目では、配属先や配属期間、業務内容を箇条書きにします。
例えば下記のサンプル例のように、業務内容は、経験や得られたスキルなどがわかるように書きましょう。

<例>
2013年4月~2015年4月 配属:内科病棟
・病棟巡回業務
・新人看護師の教育及び教育マニュアル作成を担当
・新人研修を企画から開催まで担当
・病棟の看護師チームのリーダーとしてマネジメント業務を担当

職務経歴書の見本と書き方のポイント

得られた実績や経験を補足

業務内容だけでは読み取れない実績や成果などを補足しましょう。
例えば、以下のサンプル例のようなテキストを付記することで、あなたを雇用した場合、どのようなメリットがあるのかを具体的に想像してもらえます。

<例>
・看護師チームの連携を取った
看護師チームのリーダーとして、病棟内の看護師誰もが協力して働ける環境づくりに努めました。看護師チームの勉強会や研修を積極的に開催し、15名のメンバーで連携力を高めながら業務に取り組みました。
・人材育成
新人教育を担当し、新人研修・勉強会の開催や、教育マニュアルの作成を担当しました。新人看護師計5名の教育を担当し、指導経験を積みました。

職務経歴書の見本と書き方のポイント

保有資格

「専門看護師」「認定看護師」「保健師」「助産師」といった看護師関連の免許や、仕事に役立ちそうな資格などを記載しましょう。履歴書と同様に必ず正式名称で記入します。また、取得年月は試験に合格した日ではなく、証書に記載されている年月となります。取得した順に書いていきましょう。

職務経歴書の見本と書き方のポイント

自己PR

職務経歴書には、自己PRを記入することができます。履歴書では欄が限られているため、志望動機を含めてアピールポイントを上手に伝えます。職務経歴書にはその人の経歴や実績、スキルなどを詳しく記入しているため、その内容に基づいて自己PRをまとめると、採用側にも伝わりやすいでしょう。
例えば、下記のサンプル例のような内容がいいでしょう。

<例>
●●病院では、看護チームの連携力を高め、緊急時に速やかに処置できる環境を確立し、チームリーダーに抜擢されました。貴院においては大規模な病棟チームとなりますが、これまでの経験を活かして、さらに質の高い体制づくりに貢献できるのではないかと考えています。
また、面倒見の良さを見込まれ、看護業務以外にも新人育成業務を担当し、マネジメント業務の経験を積みました。新人研修会の開催やマニュアル作成経験もあるため、企画やPCスキルにも自信があります。

看護師の職務経歴書対策に
関する
まとめ

職務経歴書の失敗例は?
看護師の職務経歴書の書き方についてご紹介してきました。
最後に、職務経歴書にありがちな失敗例についても確認しておきましょう。看護師の職務経歴書でよくある失敗例としては、次のようなものがあります。

・A4サイズ2枚以内にまとまっていないので、読み手に負担をかけてしまう
・箇条書きの項目がないので、読みにくい
・担当した業務に関する詳細がないので、強みや経験が伝わらない
・病院施設の規模や、担当した患者数などの具体的な数字がない
・内容が履歴書とほとんど同じ

職務経歴書も履歴書も、書くことが目的ではありません。経験やスキル、勤務先の情報を整理し、皆さんの魅力が伝わる職務経歴書づくりを心掛けましょう。

お仕事探しを無料でサポート!専門のコンサルタントがしっかりサポート!お仕事探しを無料でサポート!

キャリア+経験=ぴったりのお仕事!キャリア+経験=ぴったりのお仕事!

ベネッセのお仕事サポートならあなたのキャリアや経験をうかがった上であなたにぴったりのお仕事探しをお手伝いします。

専門のコンサルタントがしっかりサポート!
まずはご応募ください履歴書は不要!