RESUME

その志望動機で大丈夫?看護師の履歴書の書き方

看護師の方が初めての転職や未経験術科への転職をするとき、履歴書の書き方に悩む方もいるのではないでしょうか?基本的な書き方は一般的な履歴書と同じですが、看護師という職業ならではの注意事項や、経歴・志望動機などをまとめる際のポイントがあります。
ここでは、看護師の魅力的な履歴書の書き方と、注意点についてご紹介します。

良い履歴書とは

良い履歴書とは、基本的な履歴書の注意点やルールが守られているだけではなく、志望先の担当者に自分自身の魅力を伝えられる履歴書です。つまり、志望動機や自己PRなどを読んだ採用者が、ぜひ採用したいと思える内容を考える必要があります。特に、応募者が多くて競争率が高い場合や、「ブランクがある」「短期間での転職が多い」など、不利な点がある人は、ほかの応募者に負けない履歴書を提出する必要があります。

履歴書の基本ルールと注意点

看護師の履歴書ならではの基本ルールは、応募先の病院を「貴院」、運営母体法人であれば「貴社」と表記することです。また、職歴部分では「入職・退職」または「勤務・退職」と表記することが看護師職ならではのルールといえます。そのほか基本的なルールは、以下のような一般的な履歴書と同じです。

・年号は西暦・和暦で統一する
・間違えた場合は、修正テープや二重線は使わず、履歴書を書き直す
・欄の空白は極力なくす
・押印はすれないようにする
・スタンプ式のハンコは使わない
・住所は都道府県から、正式な表記で書く
・履歴書のコピーや使い回しはしない
・学校名・企業名・資格・免許名などは省略せず、正式名称で書く

なお、「手書き」と「パソコン」とどちらが良いかは一概にはいえませんが、日本では比較的「履歴書は手書き」という考えの人も多いようです。パソコンで作成すればPCスキルをアピールできますが、それは職務経歴書でもできますので、履歴書は手書き、職務経歴書はパソコンという分け方もあります。

看護師の履歴書作成記入のポイント

一般的な履歴書のフォーマットは、下記のようになります。概ね記載事項は同じですが、履歴書ごとにフォーマットが少しずつ異なるため、記入できる項目をよく確認して選ぶことも大切です。
本記事に記載した履歴書作成のポイントと注意点を守り、漏れのないように記入してください。

履歴書の見本と書き方のポイント

「日付」欄

まず、日付欄には、履歴書を書いた日ではなく、提出日や書類を持ち込む面接日を記入します。送付する場合は投函日を記入しましょう。

履歴書の見本と書き方のポイント

「氏名」欄

氏名とふりがなは大きく、わかりやすく書きます。

履歴書の見本と書き方のポイント

「証明写真」欄

3ヵ月以内に撮影した写真を使用しましょう。撮影は、写真館などで依頼します。料金はかかりますが、スピード写真よりも好印象です。撮影時の服装は、看護師の場合、スーツである必要はありませんが、白シャツにジャケット着用が一般的で、採用側にも好印象のようです。

履歴書の見本と書き方のポイント

「現住所」欄

現住所は一般的には住民票記載の住所を記入します。もし、住民票を変更しないまま、実際に住んでいる場所が違う場合は、居住している住所を記載する方法もあります。しかし、入職前の目的としては内定書などを郵送するための連絡先でも、入職後は社会保険などの手続きをするために必要なデータです。引越しをしたあとは住民票を移すのがルールですから、きちんとしていない人という印象を与えないためにも住民票を移しておきましょう。なお、「連絡先」が現住所と同じ場合でも空欄にせず、「同上」と書きましょう。

履歴書の見本と書き方のポイント

「電話」欄

電話番号は固定電話と携帯電話の両方を記入しますが、自宅に不在の時間帯を記入し「この時間帯は携帯電話へお願いします」と添え書きをしておくと好印象です。
なお、電子メールは、携帯電話のメールアドレスではなくパソコンのメールアドレスを記入します。これは、携帯電話が、応募先からのメールを迷惑メールなどにフィルタリングしてしまわないためです。

履歴書の見本と書き方のポイント

「経歴」欄

学歴は中学卒業以降の入学・卒業年月を、職歴は現在までの内容をすべて記入します。看護師以外の仕事で一般企業の事務職など他の職業に就いていた場合でも、必ず記入しましょう。アルバイトについては記入不要です。
表記で注意したいのは、病院勤務の場合は「入社・退社」ではなく、「入職・退職」または「勤務・退職」と表記することです。
また、自己都合による退職理由はすべて「一身上の都合」と記入します。理由によってはマイナス印象を与えてしまうため、経歴欄には記入しないようにしましょう。
最終行には、右端に「以上」と記入することも忘れないようにしましょう。

履歴書の見本と書き方のポイント

「免許・資格」欄

免許や資格は、古いものから順に正式名称で記入します。例えば、2017年4月に看護師免許を取得したのであれば、「平成29年4月 看護師免許取得」と書きます。年月は試験合格日ではなく、証書に書かれている年月となりますので注意しましょう。また、取得見込みの場合は「◯◯年◯月 看護師免許取得見込み」とします。
看護師免許や准看護師免許はそのままの記入で問題ありませんが、分類がある専門看護師や認定看護師は「専門看護師(○○)」「認定看護師(○○)」と、カッコ内に分類を記入しましょう。
ほかにも運転免許など、仕事に役立ちそうな資格は記入するとアピールになります。

履歴書の見本と書き方のポイント

「長所・短所」欄

自分のスキルや経験が、病院や施設の仕事にどう活かせるのかを、具体的に書いていきましょう。看護師として働く上で大切にしていることや、マネジメント経験や積極的に取り組んだ活動などもアピールポイントとなります。
また、志望する勤務先で活かせる長所を考えて書きましょう。特に思い浮かばない場合は、看護師として役立つコミュニケーションスキルについて書けないか検討してみるのもおすすめです。
短所は短所を書くだけで終わらず、それを克服しようと努力しているなど、前向きな言葉も添えるようにします。
趣味・特技欄がある場合は、最低1つは記入しておき、質問されたら詳しく答えられるようにしましょう。

履歴書の見本と書き方のポイント

「退職理由・志望動機」欄

どこの病院や施設にもいえるような志望理由はNGです。「その病院や施設だからこそ働きたい」という、具体的な理由が伝わるよう、その病院の理念などに自分が共感した点などと絡めながら志望動機を考えます。さらに、希望するキャリアプランなども記載すると、意欲的で好印象です。
また、前職の退職理由を記載する場合は、ネガティブな印象を与えないように注意しましょう。

履歴書の見本と書き方のポイント

「その他特記事項」欄

希望する術科や雇用形態、出勤日数や休日に関する希望などがある場合は記入します。待遇や給与に関する希望は、面接で伝えるほうがいいでしょう。特に希望がない場合は、空欄にはせず「特になし」と記載すれば問題ありません。

看護師の履歴書対策に
関する
まとめ

書き終えた後に必ず最終チェックをしましょう
ここまで、看護師の履歴書の書き方についてご紹介してきました。ここで紹介したような項目別のポイントを押さえ、履歴書作成のルールも守れば、失敗は防げると思います。
ですが、勘違いしてしまいそうな失敗例もあります。例えば、志望動機を書いたつもりが「看護師を目指した理由」だったり、「仕事と関係のない長所や自己PR」を書いたりしてしまうことです。これらに注意しつつ、誠実で意欲的な姿勢が伝わるような履歴書作成を心掛けましょう。

お仕事探しを無料でサポート!専門のコンサルタントがしっかりサポート!お仕事探しを無料でサポート!

キャリア+経験=ぴったりのお仕事!キャリア+経験=ぴったりのお仕事!

ベネッセのお仕事サポートならあなたのキャリアや経験をうかがった上であなたにぴったりのお仕事探しをお手伝いします。

専門のコンサルタントがしっかりサポート!
まずはご応募ください履歴書は不要!